« 2016年2月 | トップページ | 2017年3月 »

「パクチー入れないで!」Tシャツ、日本人にも好評

台湾グルメ通や、台湾を訪れる日本人観光客の中で、人気の商品がある。それが「パクチー入れないでください」Tシャツだ。台湾の食堂や屋台などで、「パクチーを加えることを拒否したい」場合に使う言葉だ。

パクチーは強い香りを放つハーブで、「中国パセリ」とも呼ばれる。台湾では大腸麺線や麺類、炒め物など様々な料理に使用されポピュラーな食材である 一方、独特の味わいを持ち日本ではほとんど流通していないため、日本人では食べつけない人も多い。美食を求めて台湾を訪れる日本人は増加傾向だが、一方で 「あの緑の香草が入ったせいで食べられなかった」と不満げに食後感を語る観光客は少なくない。台湾をはじめ、タイやインドネシアなど東南アジア地域でもよ く使われている香草・・・。日本人でもパクチーに対し「大好き」な人もいれば「大嫌い」な人もいるなど反応は様々だ。

この現象に目をつけたのが、日本のあるデザイン会社。「Tシャツだったらユーモアもあって遊び感覚として受け入れられる。注文する際にTシャツを見 せるだけで要望も伝わりやすい・・・」香菜をイメージした緑の生地に、隷書体の文字。デザインそのものはシンプルだが、このシンプルさがウケた。インター ネットでの販売が中心で、日本人観光客が前もって購入し、台湾夜市で着用して街歩きを楽しむケースも多いという。

 

インターネットでの注文

http://www.upsold.com/dshop/mygoods/eating-man/p/6592637

|

日本「不要香菜」創意T恤,意外引發話題

日本「不要香菜」創意T恤,意外引發話題

不少料理中會加入香菜、蒜頭、蔥或者是芹菜等等調味,不過有些人卻不愛這些配料,還會一點點慢慢挑出來,或者再三叮嚀老闆千萬不要加入 香料,不只讓客人麻煩,也讓老闆聽得一個頭兩個大;現在就有日本商家發揮創意,直接把「不要香菜」印在衣服上,不少人覺得超實用,喊著一定要買一件。
這件印著「不要香菜」的衣服,是源自於日本一位設計師矢野忠光,因為常遇到日本朋友來台灣玩,很煩惱要怎麼跟老班說「不要香菜」,於是就特別設計出了一系 列「不要香菜」款的衣服,除了短袖T恤之外,還有帽T跟帽子,不過也不是所有日本人都不喜歡香菜,因此他還貼心的設計了另一款「香菜多一點」的衣服;如此 有創意,讓許多台灣人笑到不行。

https://goods.skiyaki.tokyo/products/11624
許多網友看到之後,認為這款T恤非常實用,還說可以設計其他款式,像是「不要大蒜」、「不要蔥」、「不要辣」等等的創意設計,這樣就不用常常站在老闆旁邊叮嚀,讓彼此都很麻煩了。

原文網址: 「不要香菜」創意T恤熱賣! 終於不用一直提醒老闆 | ETtoday生活新聞 | ETtoday 新聞雲 http://www.ettoday.net/news/20160219/650177.htm#ixzz4Lk75YGS1
Follow us: @ETtodaynet on Twitter | ETtoday on Facebook

|

壱岐の日帰り旅行に台湾人観光客注目

博多港を出発し、長崎県壱岐(島)を巡る日帰りツアーに、台湾人観光客から注目が集まっている。「送迎付き、ツインズビーチ、バーベ キュー」がセットになったこのプランは、「柳川や太宰府、阿蘇は訪れたことがあり、行くところがない」という旅行好きの台湾人観光客の人気を集め問い合わ せが殺到している。ツアーの手配を幇助している蒼天旅行の祝部智行代表は、「九州の隠れた魅力、あまり知られていない場所を知って欲しい」と話す。台湾と 福岡を結ぶ利便性は年々高まっている一方で、福岡は「大した観光地がない」と揶揄されることもある。そういった中で、壱岐の旅は、海水浴やバーベキューを 楽しめ、日本好き旅行客の「旅行欲」を満たしている。料金は7500円(税込)で、お得感も人気の秘訣となっている。なお、この日帰り旅行は台湾人のみな らず、国籍問わず、日本人も参加できる。参加希望の場合はeメールに氏名、連絡先などを記載し、件名(タイトル)に「abcd」と付記する。メール送付 先:hohrijp@yahoo.co.jp

博多港出港(10:00)→壱岐・郷ノ浦港着(12:20頃)→送迎バスで「ツインズビーチ」へ→バーベキューと海水浴を満喫(夕方まで)→送迎バ スで郷ノ浦港へ(お土産屋経由)→郷ノ浦港から出港(17:45)→博多港着(20:10頃)(旅行代金に含まれるもの。往復フェリー代、2等自由席、博 多〜壱岐往復。バーベキュー代、飲料別途。送迎代)

|

« 2016年2月 | トップページ | 2017年3月 »